FC2ブログ

玄関 内側から、そして外側からの景色~~☆

DSC09920 (2)
雨の日、玄関ポーチ内側からの景色にドキリ!
黄金葉のホスタの花、可愛らしい蕊。


雨に濡れる ミケリテ
DSC09912 (2)
まだまだ元気いっぱい咲き続けています。


いつの間にか毎年出てくる 鉢で咲くオニユリ。
DSC09917 (2)
オレンジ色は目を惹きます。


房咲きプロスペリティ、
DSC09910 (2)
雨で、枝垂れて、、


・・・・

そして、数日後 やっと晴れた日、

玄関前のプロスペリティの返り咲き、お見事!
DSC00232 (3)

DSC00231 (2)

房咲きで、これだけ咲いてくれるとは、嬉しい~
でも、暑さで、美しさは短命。
残念。


右 マチルダさんも相変わらず元気いっぱい。
DSC00132 (3)
左奥には、白くなってきたノリウツギ・水無月が、
放射状にスタンバイ。

今からの期待度 NO1!!


ミニ・ロックガーデンを楽しむ~~♪

DSC01167 (2)
雨ばかりの日が続いています。
玄関前のミニ・ロックガーデンが少しづつ ”らしく”
なってきていますので、ご紹介しますね。


蕾の シソ葉タツナミソウ、葉っぱに注目。
これから、花開きます。
DSC01151 (2)
&ミニミニホスタ


エリヌス・アルピヌス
DSC01146 (2)
別名 イワカラクサ(岩唐草)

可愛いお花があちこちで増えます。

ゴールドのミニ・ホスタをバックに
DSC01145 (2)
エリヌス・アルピヌス


ミニ・アルケミラのうちの一つ
DSC01153 (2)
アルケミラ エリスロポーダ 


ギンバ・カゲロウソウ
DSC01158 (2)
このシルバー色のころころ感がたまらない!


その隣には ミヤマオダマキ
DSC01166 (2)
後ろには シソ葉タツナミソウも見えますネ。
これも、増えるんですよ。



そして奥には、赤系と、黄色系の
DSC01171 (3)
ふたつの クジャクシダ


明るい葉に、アジュガの紫が
DSC01137 (2)
よく合います。

ミヤマトウキの濃い緑との相性もGOOD!
DSC01126 (2)
プルモナリアの小さな花も見えます。


ゴールド色で細めの このホスタもお気に入り。
DSC01121 (1)
ここでも、アジュガが良い仕事をしていますね。



姫シャクナゲ、
DSC01134 (3)
なんて可愛らしいんでしょう~!


これから、アッツザクラや、シランが咲き、
ミニヤブランの斑入り葉がシュルっと伸びてきます。
アルケミラ アルピナ の葉っぱも観賞価値あり。
カゲロウソウの黄の小さな小さなお花も、とっても楽しみ!

6月は、バラなど、豪華な花ばかりに目が行きがちですが、
じつは、わたしの根本は、
こういう目立たない小さな花、植物たちにあるんです。


・・・・

ここ、ナチュラル風なミニ・ロックガーデンに
1個だけ そぐわないものがあるんです。
DSC01127 (2)
このオダマキ。
どう見ても、ナチュラルでない!

でも、ここの前を 手押し車を押して、ゆっくりと通る
95?96歳のおばあさんのお気に入りで
移植するわけにいかず、定位置をキープ。


・・・・

今、YouTubeで、
TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAM[5/23]
の生配信をもう一つのモニターで、見て、聞きながら、
この記事を書いています。

5/23、24 に行われるはずでしたTOKYO JAZZ +plus 、
渋谷のNHKホールでのコンサートが、
このコロナ禍のために中止になり、
わたしはとても落ち込んでいました。
が、
世界中のミュージシャンが、特別に、YouTubeでリモート演奏をしてくれたり、
過去の映像を見せてくれたり、で、
今、とても楽しむことができています。

この暗い数か月、落ち込んでいる時に助けてくれたのは、
やはり、音楽でした。
いつか、また、そのことに触れてみたいです。


タイム・ロンギカウリスのピンクが 主庭を明るく~~

DSC01113 (2)

主庭の小径、敷石の間を埋めている
タイム・ロンギカウリスがピンク色の花盛り。


DSC01085 (2)
庭が突然カラフルになり、賑やかに。


DSC01059 (2)
               5/16
アジュガの濃い紫色もポイント!
(ちょっと、鬱蒼としてきた感もありますが、、、)


タイムのピンクやライムイエローの葉との相性も抜群。
DSC01080 (2)




・・・・・・・




同じ日 5/16
タイムのピンクとは大違いの
庭の奥のこちらのピンクには少々 困り気味!
じめじめし、風通しが悪くなり、光合成もできなくなり、
病気、雑草、害虫の根源となります。

DSC01045 (2)

大輪に咲いている八重の牡丹も、
ちょっと困惑顔!

隣のピンクサマースノーが一番心配。
これから救出作戦開始です!


水色ネモフィラが、ちょっと幸せ気分に~~

DSC00740 (2)
咲き始めた 原種チューリップ レディージェーン。
背景の水色は ネモフィラ。



DSC00738 (2)

花数増えた 水色のネモフィラたちが

少し、庭景色に変化をもたらしているような?

DSC00742 (4)

まだまだ乱れ姿のネモフィラではありますが、
庭にブルー系、水色系が加わると、
花の世界では少なめな色のせいか、
何故か、心がうずく、のです。

この爽やかな色合い、
ちょっぴり 幸せな気持ちになれます~

1年草ではありますが、
バラの時期が来るまでの間、
楽しませていただきますね。


・・・・・


昨日5/2は Stay Home ならぬ Stay Garden の1日でした
作業は ほとんどが 引き算。
旺盛に育つ、ホスタ、フウチソウ、などの株分け。
数年に1度、大規模に行います。

いくら好きな葉物とはいえ、
はびこりすぎては、美しさが感じられなくなります。
毎年少しずつ大きくなるので、なかなか気がつきにくいですが、
数年前のちょうど良かったころの画像などを見て、
愕然とすることがあります。

大株のものには、
大きな重いスコップを力いっぱい何度も突き刺し、
かなりの体力を要します。
ふぅぅぅ~~


メインガーデン 4月のボーダー宿根草カラフルに~~♪

DSC00637 (2)
                  (4/25)
主庭、小径脇の宿根草が だいぶ カラフルになってきました。

右手前からピンクは 昔からのプリムラ(サクラソウ類)
淡い紫はご近所のおばあさんからいただいたシバザクラ。


奥に見えるのは、
DSC00633 (2)
手前からイベリス、
ツルニチニチソウ、
白の満開は アラビス


6月は このように変身。(するはず?笑)
DSC06800 (5)
アラビス等、花後は、静かに
グランドカバーとして、わき役をしっかりと務めてくれます。

DSC06800 (3)
                                (2019・6月)


・・・


また、今の庭を 引いて見てみましょう。
DSC00649 (2)
4日前よりも、だいぶ明るくなっていますね。
(同じ~??)


左手前の庭石前で ひときわ輝いている芽吹きは、
シモツケ・ホワイトゴールド。
DSC00636 (2)
いち早くゴールド色で芽吹き、
庭を明るくしてくれます。

DSC00645 (2)
わたしの大のお気に入り。

DSC00644 (2)


樹々 芽吹き 主庭 キラキラと~☆

DSC00547 (3)
今日 4/21 夕方4時ごろの メインガーデン。
芽吹いたばかりの カエデやツリバナの幼い葉に
夕刻の陽が当たり、キラキラ!



背丈の低い 春の宿根草たちも 
色とりどりに花開き始め、
少しずつ 主庭に 彩りが増えてきました~
DSC00561 (3)
左側の 苔辺りも 波打ち、光っていますネ。



カエデの芽吹きは 
DSC00525 (2)
オレンジ色に。


ツリバナの芽吹きの先端に
DSC00528 (2)
あのかわいい花芽が隠されています~


庭石、敷石 & 白い雪 だけの モノトーン庭風景~~

DSC00213 (2)
冬の 庭石、敷石 & 白い雪との 
創り出すユニークなモノトーンの世界は
この時期だけの 不思議な庭景色となる。

温まりやすい石の性質により、
そこだけ雪が融ける。

DSC00214 (2)

モノトーンだけの静かな庭も、
美しい~~!


手前の赤い実は、南天。
これもそのうち、ヒヨドリに食べられ、無くなる運命

(コモを巻いて 護っているのは庭石の上の赤いミニバラ)


| NEXT≫