FC2ブログ

あ~、悲しいかな。ツリバナの実 全滅~~!?

DSC00857 (2)
なんとも虚しい この姿。

DSC00856 (2)
あ~、痛々しい!

この夏の 酷暑のせい?
長雨のせい?

枝に残っているツリバナの実は、こんな有り様。
かわいそう~


落ちているものも例の如く たくさん。
DSC00810 (2)

サギソウ咲く庭石の上に
DSC00735 (2)
横たわっています。

枝になる 紅い実が割れて中の種が
ぷらんぷらんと ぶら下がる楽しい楽しい実の姿を
今年は1個も見られなかった。
こんな年は初めてかもしれない。


・・・・


あまりに寂しいので、
過去の可愛らしいもの、
鳥が来た様子など、
画像を探してみました。


こんなに可愛らしい実、
DSC01345 (2)
他にあります~?

鮮やか色の種が
DSC01023 (2) - コピー
くっついたまま ぶら下がります。

そして、
それを食べにいろんな鳥たちがやって来ます。

シジュウカラも
DSC00164 - コピー

ヒヨドリも。
DSC01116 (2)


来年に、期待しましょう。




早くも紅葉、ツリバナです~~☆

DSC00573 (2)
最近の主庭。
草ぼうぼうのところは目をつむっていただいて、
左の低木 ツリバナの紅葉に注目。

右、手前白は斑入りカリガネソウ、
黄色はオミナエシ、
白のフロックス、エキナセアも見えます。


ツリバナは、
DSC00574 (2)
7月後半、陽の当るところから徐々に、
紅く変化。
 

実も、やや赤くなっていますね。
DSC04024 (2)

猛暑の中の 紅葉。
毎年思いますが、
ちょっと、早すぎですよね。


・・・・


その下に目をやりますと、
ホオズキも、みごとにオレンジ色へ。
DSC00626 (3)
小さいながらも、
かなり目立っています。

こちらも 秋の色です。


ノリウツギ・ミナヅキ 見応えあり~ になりました~~♪

DSC00533 (2)
お隣との境界に植えてあるノリウツギ・ミナヅキ、
大株となり、かなり見応えあり~!

まだ、ライムグリーンと白と半々で、このグラデーションも
雰囲気あります。
DSC00509 (4)
駐車場に はみ出ないよう、
お得意のワイヤーで軽く縛ってはいますが、
アナベルのように折れたりしないので、
手間いらず。


DSC00343 (2)
お隣の 常時咲いている レイニーブルーと

DSC00439 (4)
優しい色合わせとなっています。


足元には フウロソウ
DSC00437 (2)

全体が真っ白になりましたら、
また、アップしてみますね~


主庭、あっという間にアナベルの存在感大!

DSC09165 (2)
主庭では、あっという間に
アナベルの存在感が大きくなっています!


少し、白くなってきているものもあり、
DSC09206 (2)
巨大化しそうなものも 複数あり。


・・・

でも、奥では、この景色が健在。
DSC09148 (2)
(今年は、ジェニーの勢力が強すぎましたね。)


ばら、クレマチスの季節から、
アナベル等、アジサイの季節へのバトンタッチが
今、まさにリレーゾーンで行われようとしている

と、そんな時期となりました。



ツリバナの さもない花が 満開~~♪

DSC01333.jpg
ツリバナの さもない花 否、キュートな花が満開です。
数えきれないほど!

DSC01336 (2)
でも秋の可愛らしい赤い実になれるのは、ほんの一部。

それでもかなりの存在感となります。


実だけでなく、
DSC01177 (2)
明るめの葉の色と、秋の紅葉と、
細めの株立ちの佇まいと、
自分でコントロールできる丁度良い大きさ、等々
大好きな木なので、3本も入れています。
最初の1本は、実家から。
数年前、それは病気になり、
やむなく新しいツリバナの木と交換。

ガーデンに、大なり小なり、樹木があると、
ナチュラルな景色を作ってくれ、
風により枝葉がゆらゆら揺れる様や カサコソという音で、
なぜか、心が落ち着くものです。
暑い日は、日陰も作ってくれて、小径を歩く足どりも軽くなります。

(って、毎年同じこと書いてますね~)


・・・・

関係ないお話。

久々に、今日夕方、「ピンポンダッシュ」された。
急いで道路に出て、逃げるその子を確認。
小学校高学年ぐらいの坊主頭で片手に白い虫取り網を持っていた。
今どきの子は習い事通いで忙しいのに。

どこか、昭和の香りがして、クスッと笑ってしまった。


桜・花びらの海、今年もど・ピンクに~~

DSC00976 (2)
今年も、恐ろしいほど見事に
八重桜の花びらによる ピンク色の海が出来上がりました~!


DSC00974 (2)
ホスタの周りも、


DSC00962 (2)
クジャクシダの周りも


DSC00955 (2)
アジュガの周りも

ど・ピンク、ど・ピンク
で染まりました!



恐ろしいほど、とは、
この海を取り除くべく、毎年毎年悪戦苦闘。
膝を痛めたり、腰を痛めたり、
命がけのお掃除なんです。
(数年前までは、愛でる気持ちのほうが上回っていましたが、、、、)

最近、マキタのブロワーの力も借りて
花びらを吹き飛ばしてみたりも。

今日は、Aっくんにブロワーを手伝ってもらいました。
DSC_0141 (3)
仮面ライダー大好きなAっくん、
銃を持って、敵をやっつけているような気分だったみたい。笑



八重桜 まるで お祭りの花飾りのよう~~! 




DSC00793 (2)
主庭の奥の奥の高いところに 濃いピンク色が見えます!

八重桜の花枝が風に ゆ~ら ゆ~ら 揺れています。5/6


その様子から、
幼い時から参加していた花巻祭りの
DSC00792 (2)
山車の花飾りの 揺れる様を連想!


そっくりでしょう~~!?
kumagaya_01[1] (2)

軒先の軒花にも そっくり!
ブログをのぞいてくれている、花巻にご縁のある方々も、
同じ事を思われたでしょう。
はたして、今年は9月の秋祭り、あるのでしょうか?


その手前、足元では、
DSC00804 (2)
十二単(アジュガ)が

紫色に。


DSC00803 (2)

・・・・・

5/6 新緑うるわしい 主庭の様子

右のカエデ 左のツリバナの 初々しい黄緑色が
何とも 美しい。
左、赤い芽吹きの枝垂れモミジも、背景を作ってくれます。
DSC00795 (2)
新緑のこの黄緑色を毎年愛でていた母を
この時期必ず思い出します。


| NEXT≫