FC2ブログ

サギソウ 猛暑でも 華麗に飛翔~~☆

DSC04207 (4) - コピー - コピー
サギソウ 9/8
35度近い中でも、華麗に翔ぶ、その姿。
涼を いただきます。

しかも、この咲く場所は、
例の過酷極まる庭石の上。

お見事!

(↑この写真は、冷房の効いた室内大窓から望遠で撮影)


こちらは、夕刻の陽をうけた サギソウと蕾
DSC00690 (4)
蕾のしっぽ(距)がかわいい~


赤のミニバラをバックに
DSC00681 (4)
輝きを増す 大きく広げた美しい両翼。

ミニバラは猛暑でアップには耐えられない貧弱な花。
それに比べ、サギソウは、どこにも痛みが無い!


サギソウは、植物とはいえ、
その名の通り、鳥類のサギを思わせる。
撮った写真に 動きやストーリーが感じられ、
他の植物写真とは違った面白さが味わえる。

うーむ。
わたしは ますますサギソウの虜へと。


ナチュラルに咲く サギソウたち~~☆

DSC04061 (4)
庭石の上に植えこんであるサギソウたち、
いっせいに咲き始め、ナチュラル感 たっぷり。



どれにフォーカスしても、
全て絵になる サギソウ
DSC04069 (3)

花の造形の美しさは 言わずもがな。

するりと伸びた花茎と、
そして、花の後ろから数㎝下がる「距(キョ)」の部分が
雰囲気をアップさせていますよね。
DSC04064 (3)
例えば、このツインズ。
「距」が交差していて、
まるで2人がダンスしているよう~♪


この時期いつも思い出すこと。
30年も前のことですが、
花巻と北上の境界辺りにあった 
貴重なサギソウの自生地に
父が連れて行ってくれたことを。
今は、とうに無くなっているそうです。


こちらもどうぞ↓↓
28 サギソウ 父の遺してくれた宝物


毎年、逢いたくなる花 筆頭、サギソウ~~☆

DSC00246 (4)
サギソウ、
この不思議な美しい造形。
毎年、絶対に逢いたくなる花です。

例の庭石の上、悪条件のところで開花。
この1本だけずいぶん早くに成長。
あと数本、まだこれから咲いてくれそう。
楽しみはまだまだ続きます。


あり得ない組み合わせ!? サギソウとバラとの共生~!?

DSC08717 (2)
ミニバラと、サギソウとが共生~~!?
まさか、こんな光景が、毎年見られるとは!

しかも、
どちらも
あの過酷な庭石の上で長生き!

信じられません。



DSC08486 (2)



DSC08493 (2)


・・・・


10年ほど前の写真です。↓
赤バラとサギソウ
それぞれの鉢を無理やり近づけて、
一緒に写そうとしていました~^^;

これはこれで、お見事なサギソウ乱舞です!



今年も貴方に逢えて、感涙~~


DSC08479 (3)
純白のお美しい貴方に、
今年もお逢いでき、感涙でございます~~

鉢で育てていたサギソウが、今年は失敗!
一つも花茎が上がってくる気配が無く、
オロオロしておりましたら・・・


なんと、
DSC08474 (2)
庭石のあのミニバラの苔の中から、
5~6本も花茎が立ち上がっているではありませんか!!

あの過酷な環境の中で、よくぞ毎年花開いてくれるものです。

毎年植え替える過保護な「鉢育ち」より、
放任育ちのほうが、たくましく強く球根が肥えるのかしら???


今年最後のサギたちの 旅立ちです~~






DSC02833 (2)
今年最後のサギたち、3羽の
旅立ちです~~


DSC02824 (2)
仲良く 手を取り合って、


DSC02826 (3)
どこまで 飛んでいくの~~?

今年も、楽しませてくれて ありがとう~



今年も 白サギが1羽、飛翔しました~♪




DSC02434 (2)
                               8/20
今朝、白サギが1羽、飛翔しました~~

このサギソウの造形芸術に毎年、魅了されます!
この花の形に勝るものはない、と思うほどです。


DSC02409 (2)
そしてこの飛翔の姿!



高みを目指して、

DSC02418 (2)
勢いよく飛び続ける 
金足農業のよう~~!

明日の決勝も 高く高く飛翔してほしい~~!



| NEXT≫