FC2ブログ

シジュウカラ、なんと、シングルファーザーで、子育て~~!

DSC09318 (2)
先月末 6月29日のシジュウカラの子供。
5/30に巣立った 1か月後の ヒナの今です。 

DSC09313 (2)
ヒマワリの種の食べ方の練習をしています。

・・・

5月に子育てしていた あのシジュウカラたちのその後、
について、
お知らせしたい、と思いつつ、あまりに壮絶な人生(鳥生)を送る親子に、
書いていいものか?と、迷いもありました。
(もったい付けますね)
でも、区切りの 親離れ、子離れの時期を目撃して、
その気になってきたのでした。


6/29親鳥と一緒に見かけた子は たったの1羽。
DSC09303 (2)_LI
親鳥は2回目の子育てを始める時期にきているのか、
そばにいる子どもには目もくれず、巣箱をのぞいています。
親離れを促しているようです。
子どもは、しようがなく、自力でヒマワリの殻をむく練習を始めた、
というわけです。

・・・・

6月中の シジュウカラの子育ては順調に進んでいるように見えました。
パパとママと二人協力して頻繁にエサを運び、

巣箱をきれいに保つため、ヒナのウンチを運んだり、↓
DSC08586 (3)
ヒナたちの声は日に日に大きくなってきていました。

巣立ち予定日近くになり、異変が。

エサを運ぶ親鳥が、どう見ても、オス(パパ)しかいない。
メスに、何かアクシデントがあったのでしょうか?

独りで必死にエサを運ぶパパ。

そんなある日、巣立ち前日にパプニングが!
DSC08699 (2)

1羽だけ、元気に顔を出す子がいて、
パパはその子ではなくて、中にいる成長の遅れている子供たちに
エサを与えたいのに、
いつもその子がエサを横取り。


そうこうしているうちに、その子が巣箱の外に出てしまいました!
DSC08716 (2)
フライングです!
まだ飛べないその子は、

地面をぴょんぴょんはねるだけ。
DSC08735 (2)
子どももパパも、パニックに。
パパは「ジジジジッ ジジジジッ 」と大声で警戒音!

巣箱の中では残りの子供たちが
「チチチチッ!チチチチッ!」
とお腹が空いて大合唱!

パパは、しばらくの間、外に出た子供が心配で
途方に暮れていましたが、
その後、巣箱で待っている子供たちにまた、
エサを頻繁に運び始めたのでした。

(フライングしたその子は戻れるわけも無く・・・その後は、、、??)

そして、次の日の朝、本当の巣立ちが始まりました。
臆病な子が多く、全員が飛び立つまでずいぶん時間がかかりましたが、
総勢 7羽。
無事飛び立ちました。

皆、飛ぶのが上手で、全てあちこちの枝につかまって、
DSC08766 (2)
初めて見る広い世界にキョロキョロ。

7羽を シングルファーザーで育てるのは大変なこと。
これから1か月、子どもたちにエサを与え続けるのです。

数週間後に見かかた時、子どもは数羽だけに減っていました。
パパ、がんばってーーー!
と、思いつつ、
先日、最後に見た時はたった1羽。

シジュウカラが産む卵は8~9個。
大人になれる可能性は極めて低いために たくさんの卵を産むのです。

今回、パパ一人だけで子育て。
最後に子どもが、1羽だけでもりっぱに成長していた、
ということは、褒めるに値すること!

パパ。頑張りましたね!

ドラマのような壮絶な人生を送った パパ。

2回目の子育ては順調にいきますように。
と、その前に、新しい恋人探しでしたね。

このごろずいぶん「ツツピーツツピー!」
とメスにアピールしている 力強い鳴き声が聞こえます。

応援していますよ~


シジュウカラ、巣作り 始まる~~♪

DSC07968 (2)
シジュウカラの 
待ちに待った 巣作り 始まる~~(4/9)


こういう世の中、大変な時に、
窓から あなたたちの子育てドラマが
見られることは
心の健康、心の癒しにとって、
大きな大きなプラス要素!

DSC07969 (2)

これから 

巣作り、
抱卵、
孵化、
エサ運び(子育て)、
巣立ち、

DSC07964 (2)

と、2か月ほど、
あなたたちのドラマを楽しませていただきます~



つくばいの前の苔を運んで、穴凹だらけに。
(苔は、まだきれいな緑色ではありませんけど、、)
緑の葉っぱは ミヤコワスレ。
DSC07927 (2)
地産地消、といいますか?
遠くに苔を探しに行かなくって良いので、
省エネ労働です。
運ぶのは、メスのみ!
オスはただ見ているだけ、
良く言えば、見守っている~?苦笑




・・・・・・

もう一つ、鳥ネタを


あのね、やはり、白梅にヒヨドリがやって来ました。

DSC07973 (2)

花の蜜を吸いに。

DSC07983 (2)

身体をくねらせ、
器用に 吸うものです。

DSC07970 (2)

そのおかげで、美味しい梅の実、となるのですね!


・・・・

1月のメジロもご紹介。

DSC07360 (3)
可愛いでしょう~?

DSC07640 (3)
真冬には来ていましたが、
今は、何処に?

寂しいーー!


巣立った幼鳥の行方は?

20日、21に日に巣立ったシジュウカラの幼鳥たちは、
その後、家のお庭で見かけることもなく、
どうしているのか、全くわかりません。
近所を歩くときは、耳をそばだたせ、幼鳥の鳴き声を探しますが、
全く、聞かれません。

8/21DSC05215幼鳥眠そう百日紅
サルスベリの枝で、眠そう。

かわいいでしょ?
お庭でDSC05212幼鳥百日紅

親からエサをもらっているところを写したかったのですが、
ちょっとの差で、飛んで行ってしまいました。残念!
来年まで、お預けです~

幼鳥の胸の黒いネクタイ模様は、ずいぶん細いですね。
DSC05245幼鳥鳴いてる
お向えのしだれ桜の枝にとまって、
「お母さ~ん、エサちょうだい~!」
と言っています♪

皆、元気に育っていることを願います。

ごめんなさい。
動画は、どういうわけかうまくいかず
この忙しい時期にこれ以上時間をかけられないので、
冬になって、時間が空いたら、ゆっくりと再挑戦してみますので、
冬までお待ちを。
今のソフトでは、物足りないところもありましたので、
別のソフトの研究もしてみようと思っています。



寂しい~~!巣立った後は。

にぎやかだったシジュウカラたちが巣立ち、
静けさが戻りました。
キッチン小窓から、空の巣箱を見るたび、
涼しい秋風と相まって、一段と、
心まで涼しく、寂しく感じられます。

DSC05230カエデの中のシジュウカラ
子供たちのためにヒマワリの種の殻をむく、親鳥。


今回、まぢかで写真を撮ることができましたので、
親鳥が運び込んだ、ヒナたちへのエサが大写しになっています。

あまり、気持ちの良いものではありませんが、
興味のある方たちのため、
載せておきますね。


DSC05134.jpg

DSC05070餌蛾?

DSC05115.jpg

DSC05090餌くも

動画編集は難航!
2日間にわたり、数時間撮影しましたので、
2分ぐらいにまとめるため、四苦八苦!
切り取ったはずが残っていたり、
大事なシーンがなくなっていたり、
初心者は、疲れます~

ブログに、載せたいものが次々咲いてきますし、
動画のほうは、ゆっくりと、編集することにしますね~~

>>続きを読む

シジュウカラ巣立ち2日目

シジュウカラは、2日がかりで6羽が巣立ち、
今は、お庭の木のアチコチで、「チチチッ」、「チチチッ」と鳴き、
親鳥たちの運ぶエサを待っている状況となりました♪
ホッとしました♪
詳しくは、後日、動画が編集できましたら報告いたします。
今回は、悲しい結末にならず、「チチチッ」の声を聴きながら、
親鳥同様、幸せに浸っております~♪♪♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日こそバラの剪定を終わらせなければ!
あっ、お庭には幼鳥たちがいるのでした。
今日も無理。
あ~どうしよう?
嬉しい悲鳴とはこのこと?

DSC04896オミナエシ
オミナエシです。


・・・・・・・・・・・・・・・・
後日、巣立った後の巣箱をのぞきましたら、
じつは、悲しいヒナが取り残されていました。



巣立ち予想日ドンピシャ!

巣立ち予想日、ピッタリ!
今日、巣立ちました~~~
But、2羽だけでした。
3羽目は、体半分出しては、引っ込め、を数回繰り返し、
結局、残りの巣立ちは明日に持ち越し。
DSC05148 - コピー1羽目
飛び立ったうちの1羽。
電線で、親からエサをもらっていました。


こちらは飛び立てなかった3羽目。
DSC05145 - コピー3羽目
親は大変です。
巣箱の中のヒナにもエサを運び、
飛び立った2羽にもエサを運びます。
でも、2羽はバラバラで、
あちこちで「チーチー、」「チーチー」と鳴き、
親は、その声をたよりに必死に姿を探して、エサをあげる。
と、休む間もありません。

明日の早朝、残りが巣立つと思いますので、
途中報告はここまで。

動画も撮ってますが、つぎはぎとなりそうで、
きれいな物にはならないと思います。汗
前もって、言い訳しておきます~


動画:片足と勘違い?シジュウカラのエサ運び

シジュウカラのヒナたちの声がかなり大きくなり、
巣立ちまじかと思われます。
親たちのエサ運びもひんぱんになり、エサの種類も青虫のような小型のものから、
ずいぶん大きめの昆虫類などに変わってきました。
DSC04378ヒナ顔出す巣箱

ちょっと、頑張って、久しぶりに動画を撮ってみましたの♪
編集の仕方を忘れちゃって、また、下手な動画になっています。
お許しを~~。
ピーピー、チーチー聞こえるのは、ヒナたちの声ですから。



エサを持って入ったあとは、
ヒナのフンをくわえて出てくるのがわかりましたでしょうか?
巣の中を清潔に保っているのですね?

動画で見たら、メスの足が片足に見えました。
以前の「片足ツグミン」を思い出し、
この厳しい自然界で、片足のまま子育てし、
巣立ちまでさせるのは大変なこと、
がぜん、この夫婦に同情し、応援する気になっていました。

ところがところが、編集しながら、何度も画面を見ているうちに、
左足は軒の上に、右足は、入り口の丸い部分にかけていて、
右足が体に隠れているのに気がついたのでした~~!

な~んだ。良かった♪
巣立ちまであと少し、お父さん、お母さん、がんばってねぇ~!



[広告] VPS

| NEXT≫