FC2ブログ

しっとりと秋の主庭 ザ・ピンクとザ・イエローが目立つ~~☆ <イブハトの窓庭へようこそ~♪>

DSC00997 (2)
雨上がりの朝(9/20)
秋バラ、アプリコット色のフラワーガール越しに見る主庭。

メインは、やはり、ザ・ピンクのサルスベリ。
DSC01039 (3)
8月はきれいに咲けず、
今が盛りという予期せぬ9月の美しさ。


右に目を向け、主庭全体を見てみますと、、
DSC03584 (6)
(草ぼうぼうの荒れ庭には目をつむって)
シュウメイギクも咲きはじめ、
中央、紅の枝垂れモミジは色が抜け、紅葉の準備。


右の黄色は、まだまだ元気なオミナエシ。
DSC00987 (3)

小径奥の明るい葉物付近が気になりますが、

DSC00983 (2)
風知草や、ギボウシ、ゴールドスタンダードが、
秋色の準備で色が薄くなり、光っているようにも見えます。

DSC01002 (2)
その周りには、ピンク色が点々と。
先日紹介した シュウカイドウです。
手前のオミナエシも加え、
「秋の」シェードコーナー となっていますネ。

・・・・

ちなみに、初夏(6月)のシェードコーナーは
こちら↓ (ほぼ同じ場所)
DSC01430 (2)
白のミヤコワスレが 点々と。
ホスタの色も、緑色が深いですね。
しかも、今と違ってボウボウではなく、
株間があって、スッキリ!

今と同じ場所とは とうてい思えな~い!
荒れ放題、荒れ庭 💦


・・・・・・・・・・・・・

コメントのある方は、「拍手」または「メールフォーム」よりどうぞ~
(感想などいただけましたら、嬉しいです。)


名前:

メール:

件名:

本文:






放射状のノリウツギに 惚れ惚れ~~☆ そして定点変遷~

DSC04032 (2)
ノリウツギ・ミナヅキは、白へと。
レイニーブルーと相性も良く、

DSC04027 - コピー

ふっさふさに、ボリュームアップ。

DSC00630 (2)

見事な放射状となり、

DSC00635 (2)
見応え充分!
連日、この場所が目に入るたび、
惚れ惚れ~~☆

この後の色の変化もとっても楽しみ。

・・・・・

この駐車場の塀際の
季節ごとの変遷の様子、
画像を集めてみました。



ほぼ2か月前の 6月
DSC02229 (2)
レイニーブルーと、2種の同系色クレマチスとの
コラボレーション。
今年のお気に入りのシーン。


2016、6月の画像を見つけ、びっくり!
DSC05098 (2)
4年前は、レオナルドヴィンチで、覆いつくされていたのね~
移植した今は、玄関前右で存在感アップ。
ニオベやキョウカノコも見られますね。


5月末は、パテンスのクレマチスたちが数種咲き、
DSC09242 (2)
足元には、クジャクシダ、フウロソウや、
キャラメル色のカラーリーフが。


上の画像のちょっと前、5月中旬には、
DSC04809 (4)
10数年前、実家から移植したキレンゲツツジが
春を告げていたのでした。
左に見えるモーヴ色のクレマ1個は、ミス東京。


はい、そして、8月末、最近のミナヅキ付近。
DSC00594 (2)
手前は マチルダさん。



画像を集めてみて、
自分でも、その変化に お・ど・ろ・き!
同じ場所で、季節によってこんなにも違っていたとは!
しかも、それぞれ、おっ!と、イイ感じじゃございません?苦笑

宿根草だけでなく、低木やツルのものがあると、
高さも出て、景色としてインパクトを作りやすいのですね。

ここは駐車場わきで、車や降りた人の邪魔にならないよう、
つるバラや低木のボリュームを考えて、試行錯誤の繰り返し。
生育旺盛のダヴィンチをレイニーブルーに変えたのは正解でしたね。

ここは道路側、
道行く人にも楽しんでもらっているかしら?


ツリバナの青い実、雫の中の風景が じつに面白い~~☆

DSC09489 (4)

雨上がりは 面白いものと出会える!


DSC09491 (3)

今回は、コロンと大きくなってきたツリバナの青い実たちが
面白い!


DSC09512 (3)

それぞれの実から💧がぶら下がり、
よーくよく 見ますと、
DSC09507 (3)
その💧の中に、
周りの風景をギュッと小さくした、さかさまの絵が。

↓↓↓
DSC09507 (4)
2株の白のアナベルと 黄と赤のユリたち、
背の高いヒバの木まで
写っています~!

さかさまですよ、分かります~?

はい、上下変えてみました。
DSC09507 (4) - コピー
分かりましたでしょ?

楽しいですね~~


いつか、三脚を使って、じっくり雫を撮ってみたいものです。
いつもは、時間に追われ、手持ち撮影で、ブレブレなんです。




DSC09504 (2)


連日どんより、but 窓庭の本領発揮~~!

DSC09416 (2)
                  (折り紙は、Aっくんが折ったセミと蝶)
7/18 毎日毎日、どんよりと。気が滅入ってしまいます。
植物たちは元気がなく病気の心配も。
お日様が恋しい!

こういう時こそ、窓から見える
ふわふわ雲が浮かぶような不思議な空間(庭)が 本領発揮!

黄色のユリ、イエローウィンまで花開き、
アナベル付近が、さらに乙女チック化し、ウキウキの景色。
DSC03938 (3)
下にちょこっと見えるダブルのエキナセアも結構ポイントに。
株の充実と共に、花数も増え、嬉しい。
(エキナセア ‘エキセントリック’??)



雨模様続きで、庭は手入れできず、伸び放題。

でも、窓から四六時中見える部分だけは、手をかけ何とか楽しさ?を維持。
目立つ花だけでなく、背景のぼうぼうの枝もすっきりと。
そのおかげで、うっとうしさも半減。
心の健康のためにも、「窓から見える庭への気遣い」は惜しみません。
(窓から見えるところ以外は手抜き、ですが。💦)

・・・・

7/19
夜中の大雨の後、
今朝やっと、お日様がチラッとのぞきましたーーー!

DSC09451 (3) - コピー

やはり、ここはどう見ても現実離れしている.。
美しいかは別にして、特別に楽しくって
ポップな「異空間」!
(アナベルが真っ白から、すこーしライムグリーンに変わってきましたね)


こちら、 6月のバラのころとほぼ同じ場所。
DSC06860 (4)
                   (2019、6)
同じ場所で、植え替えなく、
四季の変化を楽しみたいという難題に、
毎年、挑戦中~!





大雨から復活 アナベル、ユリたちのあの景色~~☆

DSC03886 (3)
大雨で心配でしたが、
ふわふわ白と、ブルー、赤、黄、などの
いつものこの時期の楽しみな風景が出来上がってきました~

雨ばかりで、心が沈みがちでしたが、
このお気に入り マイビュー が復活したら、
元気が出てきて、あら、不思議!



6月、夢のような「景色」を振り返って~~🌹

2020、6月、「景色」にこだわり、庭写真を振り返ってみますね。
DSC01545 (4)
樹々の緑、葉物の様々な緑、宿根草の花々中心のメインガーデン。
一番の心落ち着く 「庭景色」です。


この椅子に座って、メインガーデンを眺めます。
DSC01806 (2)


奥の庭の プリンセスになれる場所。
DSC01853 (2)
今年は 手前にも ツルバラを枝垂れさせ、イイ感じに。
(じつは、このシュートは 上の八重桜の枝からワイヤーで吊ってます)


今年、一気に株を上げたのがレイニーブルー
DSC02191 (2)

単独のその素敵な色を引き立てる 2色のクレマチスと
コラボさせたからでしょうか?

DSC02033 (3)
左のブルー系と右のワイン系のクレマチスとの饗宴。
ずいぶん長いこと楽しませてもらいました~



同じバラ景色でも、裏の小径から見る「景色」は
DSC02315 (3)
また、ひと味違って、「和」のテイストも感じられ、新鮮!



玄関前は、早咲きから遅咲き6種のバラの織りなすアーチが徐々に完成~
DSC02184 (2)
(白のプロスペリティは、美しさを維持するため、
脚立を立てて、2度ほど花柄摘みをして美の仕立て直しを。)
計画通り、ここ数年、右側の濃いピンク系の面積が増えてくれて、
自己満足!


DSC02174 (2) - コピー
来年からは、ちょっと違う色合いも加えてみたいと思いつつ、
バラ景色は一朝一夕に作られるわけはなく、
また、長期計画の練り直しを?
とはいえ、体力との相談ですね。


・・・

Sちゃんも、ちょっとお姉さんぽくなって、登場。
DSC01681 (2)


Sちゃんママとは、デッキでランチを楽しみました~
DSC02001 (2)


・・・

2020年、大変な状況の中にもかかわらず、
拙庭に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

今年は、密を避け、メール予約(県内の方)、
という初めての形でのオープンとさせていただきました。
突然訪問の方々も結構いらっしゃいましたが、
さほどの密にもならず、いつもより、ゆっくり皆さまとお話でき、
とても楽しいオープンとなりました。
(30度越えの2日間は、へとへとでしたが、、)
ちょっと、反省点もありましたが、
いつものわたしの至らない点、大目に見てくださいませ。


・・・

6月最後の日、30日のメインガーデン。
DSC03594 (2) - コピー
静かになった庭を見て、

夏草や 兵(つわもの)どもが夢の跡

の芭蕉の句を一瞬、思い出しました。

DSC03619 (2)
が、

これはこれで、まだまだいける庭かな?と。

この後は、華やかさはなくとも、
季節季節の趣を大事に、
マイペースでガーデニングを楽しんでいこうと思います。


アナベルにいつものエレベーター方式・支柱 立て始めました~☆

DSC03591 - コピー
                         6/30
みるみるアナベルは大きく白くなり、
雨で 倒れ、折れる心配が出てきましたので、

DSC03550 (2)
例年通り、2本を組み合わせたエレベーター方式の支柱を立て始めました。

これさえしておけば、大雨が来ようが、
台風が来ようが、倒れる心配することなく、
秋が来てドライにするまで、
数か月、庭主は、ぐっすりと眠ることができます。


↓ 細い支柱で、充分。倒れません。
DSC03369 (2)

もう、慣れたもので、スイスイと効率よく作業できるようになりました。
過去に詳しく書いたものがあります。
支柱は初めて、という方は⇒⇒「支柱を立てるコツ」をどうぞ。



DSC03558 (1)
風で、隣のクガイソウとアナベルが合体!?
ちょっと滑稽! 笑えます!

これもしっかり首の付け根まで支柱が添えてありますね。
見えますか~?


| NEXT≫